スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブマスター コース タンク充填

Selamat Siang! (こんにちわ)

ダイビングに欠かせないタンク、ダイビングショップで充填をよくみかけますが、実際どうやって充填してるんでしょうか?そんな疑問から、ヤスさんに充填を教えてもらって今では少し任せてもらってる*えるみ*です!

今日はそのタンク充填の様子をちょっぴり公開します!


P7290542 (640x480)
まず、こちらがタンクを充填する水槽です。水に漬けとくのは充填時に発する熱を吸収するためです。
タンクは僕はまだ2本ずつしか充填できませんが、上手になったら4本にトライします!


P7290541 (640x480)
こちらが機会の裏側。フィルターや油を逃がすホース、よくわからないパーツ。これもチェックしておきます。
チェック用紙に日付と時間を記入したらいざ!充填スタートです!


一日を終わるとタンクは大体50~100barの気圧が残ってます。そのタンクを2本同時に充填していく訳です。
この段階ではまだまだ200barまで余裕があるので、インターンのfacebookを更新したり写真を撮ったりできます。

P7290543 (640x480)
この様に200barに近づくと、片方ずつ充填していきます。そうすると、倍のスピードでエアが溜まって。。。


P7290540 (640x451)
気づいたら210bar!!(汗)
こうなったら、タンクとバルブの開け閉め、交換などで写真取っている場合ではなくなります(撮ってますが)
片方のタンクが200を超えてからの5分間は結構忙しいのです。

そして、新しいタンク2本と交換が終わったら、またゆっくり200bar待ちに戻ります。
こうやってのんびりと早くを繰り返していると、途中でテンションが可笑しくなって、一人で笑ったり話したりします。

P7290544 (640x468)

タンク側のバルブもこうやって4個も付いてて、混乱し易い設定になってます。


タンクチャージで一番楽しいのは、終わった後にヤスさんがおごってくれるビンタンビール!
20120812211200542.jpg

今日はみんなで頂きまいたー☆


エンリッチもできるようになったし、いつかトライミックス・ガスブレンダーにチャレンジします!
スポンサーサイト

トラックバック:


プロフィール

インターンシップアジア

Author:インターンシップアジア
PADI CDCショップ『ブルーシーズン・バリ』でダイビングプロフェッショナルを目指す、インターンシップ生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。